ADHDやアスペルガーにおいていちばん怖いのは、長所をよそに短所や欠点ばかり周囲から指摘され続けること。

TAKEBE055122916_TP_V

長所だけ短所だけという人は存在しません。誰にでも長所があれば、短所もあるものです。しかしながら、長所と短所の両方があるのに短所ばかりに注目するというのは残念なことです。特に、アスペルガーやADHDの方は短所ばかりを指摘されることが多いようです。

Sponsored Link

ADHDやアスペルガーの短所とは・・・

長所ではなく短所ばかりを指摘される傾向にあるADHDとアスペルガーですが、実際にどのような部分が短所となってくるのでしょうか。
まず、ADHDの場合には不注意、多動性、衝動性という特性がありますが、これによって忘れっぽい、ミスが多い、集中できない、落ち着きがない、我慢できないといったことが短所として挙げられます。
次に、アスペルガーについてですが、アスペルガーは社会性やコミュニケーション、想像力において障害があるといわれています。これによって、人間関係がうまくいかない、会話がうまくできない、強いこだわりがあるといった短所につながってきます。

ADHDやアスペルガーの長所に目を向ける

先ではADHDとアスペルガーの短所についてお話ししましたが、ADHDとアスペルガーならではの特性が長所につながるということも理解しておきたいものです。
ADHDであれば不注意な部分がマイペースさにつながりますし、多動性や衝動性は積極性につながっていきます。
アスペルガーの場合には、社会性やコミュニケーション、想像力における障害によって圧倒的な存在感と独特な世界観を作り上げることができます。

短所ばかりに目を向けるのではなく、ADHDやアスペルガーだからこその長所という部分にも目を向けて、好意的に受け止めていけるようになりたいものです。また、短所を指摘する際にも「ここをこうしたらもっと良くなるよ」と優しく前向きに伝えてあげましょう

Sponsored Link