就職においてADHDとアスペルガーがそれぞれ気をつけなきゃいけないこと

higa62_notepen_tp_v

ADHDやアスペルガーだからといって働かないわけにはいきません。生きていくために仕事は必要です。
ただ、やはり就職となるといろいろと不安になることもあるでしょう。
ここでは、ADHDとアスペルガーがそれぞれ就職で気をつけるべきことについてお話していきたいと思います。

Sponsored Link

ADHDが就職において気をつけるべきこと

ADHDには、不注意、多動性、衝動性といった3つの特徴があります。この中でも就職の際に大きな影響を及ぼすのが不注意の部分です。工夫をすることによって改善することはできるでしょうが、できることなら就職する場所を最初から選ぶべきです。
ADHDということで周りにサポートしてもらえるところに就職するといったことも必要ですし、ある程度融通の利く仕事に就くということも重要です。これはアスペルガーにも同じことが言えます。

基本的にADHDの場合には、その不注意という特徴を考えてみてもやはり状況が変化しても問題ない業務、形として見える業務といったものが望ましいのです。

アスペルガーが就職において気をつけるべきこと

ADHDが就職において気をつけるべきことについてお話しましたが、今後はアスペルガーについてです。
就職において苦労する方は非常に多いのですが、アスペルガーでよく言われる特徴として「空気が読めない」というものが挙げられます。

 空気が読めない

要はコミュニケーションがうまくできないということなのですが、これを考えると基本的に人となるべく関わらない仕事を選んだほうがいいでしょう。
もちろん、まったく関わらないというのは難しいのですが、その中でも臨機応変な対応が求められない仕事が望ましいのです。

自分の得意分野を活かしつつ人とあまり関わらず、マイペースに進めていけるところに就職できるよう頑張りましょう。

Sponsored Link