「もう育てられない…」ADHDの子ども、悩む親。

da0e89edcfcd8d98738ba9a42c5a58bd_s

性別や年齢に関係なく、ADHDの人はいるものです。最近ではテレビで有名人がADHDを告白するようになり、大人のADHDというものが注目されるようになりました。しかしながら、子どものADHDも当然ありますし、それで大変な思いをする親御さんもたくさんいるのです。

Sponsored Link

自分だけではないことを知る

ADHDのお子さんを持つ親御さんの中には、あまりの大変さに「もう育てられない!」と声に出してしまう人もいることでしょう。それでなくとも子育ては大変なものです。親御さんの理屈は通用しませんし、子どもはあれこれ問題を起こしていくものです。
ADHDのお子さんとなると、それはもう手を焼くことも多いのではと想像できます。

大人になればある程度我慢ができる部分も出てきますが、お子さんの場合にはとにかく自由です。だからこそ、親御さんも振り回されてしまうでしょうし、大変な思いをするはずです。
しかしながら、ADHDのお子さんの子育てで苦労しているのは自分だけではありません。仲間がたくさんいるのです。そういった仲間を見つけることによって、情報交換もできますし、何よりも共感できる部分も出てきますので、心が軽くなります。

ADHDだからこそ成長の感動もひとしお

ADHDで育てられないと思っても、それで子育てをやめる人はいません。大変だけど、どうにかこうにか子育てを続けていくことになります。確かに四苦八苦する子育てにはなりますが、ADHDの子だからこそ成長したときの感動もひとしおです。
例えば、どんなに嫌がることでも習慣付けてしまえばいつの間にか自分のほうからするようになることもあります。こういった苦労が報われた瞬間というのは何物にも変えがたいものです。
苦労はありますが、それ以上の感動も味わえるのです。

Sponsored Link